1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/20(水) 17:13:56.87 ID:FhLus40/9
今年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーを、嵐が務めることがわかった。
しかし、嵐のファンからは喜びの声と共に、メンバーの過密スケジュールを危惧する声が続出している。

嵐のメインパーソナリティーが発表されたのは、今月16日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)でのこと。
今年に入ってからたびたび、ジャニーズ事務所の若手グループKing & Princeがメインパーソナリティーに内定しているとの報道があったが、
結局、嵐が6年ぶり5回目の『24時間テレビ』司会を務めることになる。

嵐は2020年いっぱいでグループの活動を休止すると発表しており、今年と来年は今まで以上に過密なスケジュールが組まれていることが予想される。
そこで心配されるのが、メンバーの過労やストレスによる体調不良だ。

50公演のコンサートのうえに加わった『24時間テレビ』

今年の嵐のスケジュールの中心は、昨年11月から今年末にかけて開催中の20周年アニバーサリーツアーだ。
このアニバーサリーツアーは計50公演で、一箇所の都市で数日間連続で行われる。
昨年11月は札幌・福岡で3日間連続、12月の東京ドームでも3日間連続での公演を実施した。

コンサートの間には、メンバーのソロの仕事やグループの冠番組の収録などもあり、めまぐるしい日々だろう。
櫻井翔に至っては、今年9月から11月にかけて「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のスペシャルサポーターという重大な仕事も控えている。

そこに『24時間テレビ』も加わると発表され、ネット上では嵐のファンはもちろんのこと、ファンでない人からも
「ちょっと働かせすぎでは」「そんなに働いて体は大丈夫なの?」など、メンバーの過労を心配する声が続出している状態だ。

 『24時間テレビ』といえば、メインパーソナリティーのグループのメンバーが番組内のドラマに出演したり、障害を抱える子供たちとスポーツな音楽に挑戦したりする企画が定番。
それなりに準備期間も必要であり、コンサートが中断される5月中盤から8月は『24時間テレビ』のために設けられた時間なのだろう。

そして、既に体調不良を訴えるメンバーも出ているようだ。

二宮和也は頭痛や吐き気を訴え、大学病院で精密検査

現在、二宮和也は来年公開予定の主演映画『浅田家』の撮影真っ只中だが、
今月14日発売の「女性セブン」(小学館)は、二宮がひどい頭痛や吐き気を訴え、大学病院で検査を受けたと報じている。

記事によると、二宮は今年2月下旬にめまいや耳鳴り、ひどい頭痛、吐き気を催し、都内の大学病院を受診。緊急で検査を受けたという。
幸い、重大な病気と診断されることはなかったようだが、嵐のメンバーも全員35歳を過ぎており油断は禁物だ。

嵐の活動休止会見の際、櫻井翔は記者から「活動休止は無責任では」という質問がされると、
「無責任かというご指摘に関しましては、このあと2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。
これは我々の誠意です」と反論した。この2年間にかける嵐の強い思いが伝わってくるが、メンバーが体調不良で倒れてしまっては本末転倒だろう。ジャニーズ事務所もメンバーのフォローを徹底してほしい。

2019.03.20 07:05 wezzy

次ページへ続きます

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめ
おすすめの記事