1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/11(月) 14:10:06.62 ID:UolSafUm9
毎年夏恒例のテレビ番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)をめぐり、今年のメインパーソナリティーに人気ジャニーズグループ、
King&Prince(キンプリ)が“内定”したと3月5日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。
さらに、同番組内ではパニック障害で療養中のキンプリメンバー、岩橋玄樹の復帰企画も予定されていると1月に東京スポーツが報じているが、テレビ局関係者が語る。

「キンプリという名前を聞いても、大部分の人にとってはピンとこないかもしれませんが、
昨年発売されたデビュー曲『シンデレラガール』が70万枚近くの売上を記録するヒットとなるなど、
デビューからわずか1年足らずでその人気はKis-My-Ft2(キスマイ)や昨年の『24時間』でメインパーソナリティーを務めたSexy Zone(セクゾ)ら先輩の若手ジャニーズグループを凌ぐ勢い。
今年の『24時間』は、毎年メイン会場として使用されてきた日本武道館から場所を移して行われますが、十分に大きな会場を満員にする力を持っています」(週刊誌記者)

では、すでに報じられているとおり、今年のメインパーソナリティーはキンプリで決まっているのだろうか。
「キンプリの方向で一時はほぼ内定といえる状況だったことは間違いありませんが、ここへきて問題が浮上しているようです」と明かすのはテレビ局関係者だ。

「日テレのある番組内でキンプリが出演したコーナー内で“粗相”が起こり、『24時間』のメインスポンサーとなる某大企業の機嫌を損ねてしまったのです。
粗相の原因は、どちらかといえばキンプリではなく日テレ側にあるのですが、そのスポンサー企業がキンプリをメインパーソナリティーに起用することに難色を示しているというのです」

つまり、キンプリ内定が“キャンセル”される可能性もあるということだろうか。

「現在日テレ内では、キンプリ以外にもセクゾや、1月に来年いっぱいでの活動休止を発表した嵐の名前まで候補として挙げられ、検討が進められているようです。
ただ、セクゾだと昨年から2年連続となるので、いまいち代わり映えせず、嵐になれば人気も話題性も十分ですが、『紅白歌合戦』(NHK)の司会ですらメンバーがソロで務めるほどの“大物”。
さすがにメンバー全員を長時間にわたり拘束するのは難しい。ということで、今はまだ流動的といえる状況のようです」(別のテレビ局関係者)

ちなみに『24時間テレビ』のメインパーソナリティーは2003年以降、昨年まで16年連続でジャニーズタレントが務めているが、
「完全にジャニーズ枠なので、ジャニタレが一人も選ばれないという可能性はない」(同)という。正式発表が待たれるところである。

2019.03.10 19:00 ビジネスジャーナル

次ページへ続きます

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめ
おすすめの記事